スリッター加工

 

スリット加工とは、スリッター(Slitter)あるいは「縦割剪断機」とよばれる機械を使い鉄鋼メーカーでコイル状に巻かれた鋼板から、望むサイズのスリットコイル(フープとも呼ぶ)を切り出す加工方法です。

1号スリッターライン 2号スリッターライン 3号スリッターライン
板厚 1.6mm~9.0mm 板厚  2.3mm~12.0mm 板厚 0.5mm~3.0mm

                          加工設備の詳細はこちら












レベラー加工

 
レベラー加工とは、レベラーライン(Leveller line)あるいはシャーライン(Shear Line)とよばれる機械を使い鋼材メーカーでコイル状に巻かれた鋼板を①ロールによる矯正➁切断という2つの工程を経て、定まった大きさの鋼板(定尺)や定尺以外の望むサイズ(スケッチ)に切り出す加工方法です。

1号レベラーライン 2号レベラーライン 3号レベラーライン
板厚 1.0mm~4.5mm 板厚 3.2mm~13.0mm 板厚 0.7mm~6.0mm

ミニレベラーライン ロータリーシャーライン HLライン
板厚 1.6mm~9.0mm 板厚 0.4mm~6.0mm 板厚 0.8mm~3.2mm

                          加工設備の詳細はこちら












荷役倉庫業務

 


鉄鋼メーカーから船便で一度に大量の母材を直接受け入れられる私設岸壁と、大型の母材専用保管倉庫を保有しております。

岸壁 岸壁クレーン 倉庫
埠頭長 212m クレーン 25.5t 保管能力 65,000t

                         倉庫設備の詳細はこちら